永福町駅前みんなのクリニック

永福町駅前みんなのクリニック

ブログ

インフルエンザ 予防接種のススメ

インフルエンザ ワクチンは感染確率を低下させてくれます!

皆様こんにちは!もう9月ですね。そろそろインフルエンザの季節がやってきます!

永福町 駅前みんなのクリニック の奥村尚威です。

 

先ずはインフルエンザも含めてワクチンについてご説明しましょう。

ワクチンとは、ウイルスや細菌による感染があった時、

抵抗力をあらかじめつけておく予防方法です。

つまり、体に敵(ウイルスや細菌)を覚えさせておくことで、

感染を受けても発症まで至らなくする方法です。

ここでポイントは、感染を防ぐのではなく、発症を防ぐということです。

つまり体の中には入ってしまうのだけれど、免疫を付けておくことで、

症状が出るほどにはウイルスや細菌を増やさなくする方法です。

ですから、ワクチンを打っていても、軽微な症状は出ることがあって、

これが効かなかったと誤解されてしまう原因だと思います。

 

インフルエンザウイルスは形が変わりやすい。

ここで、他のワクチンと比べてなぜ毎年打たなければいけないのか?

そう疑問に思われる方も多いと思います。

これは、インフルエンザのウイルスは形を変えやすく、

一年前のワクチンが効かないウイルスが毎年出てくるというのが理由です。

ですから、今年のワクチンを接種しなければ今年のインフルエンザには効きにくいんですね。

実は、これも予防接種が効かなかったと誤解を受ける原因の一つだと思います。

ぜひ、インフルエンザ ワクチンを接種しましょう!

では、接種した方が良いのでしょうか?

はい、ぜひ接種いただきたいと思います。

もちろん私も毎年接種しています。

これには2つの理由があって、

#1個人で見たときのインフルエンザの予防と、

#2流行をしにくくするという社会的な理由からです。

 

つまり

 

1インフルエンザワクチンを多くの人が受けることで、集団予防を防げ、

2個人単位で考えた場合でも発症予防に効果があり、

→これらの効果で、体質や何らかの事情でワクチンが打てなかった人の

感染発症リスクも下げられ、流行のリスクも下げられるというわけです。

いいことづくしのインフルエンザワクチンですが、卵アレルギーの方など、

接種を慎重に考える必要があると思いますが、現在の考えでは、そのリスクも低いと考えます。

もしご質問がある場合、ぜひご相談ください。

今年も冬がやってきます。

インフルエンザワクチンを接種し、健康な冬をお過ごしくださいね!

pagetop

© 永福町駅前みんなのクリニック