永福町駅前みんなのクリニック

永福町駅前みんなのクリニック

総合内科

総合内科

一般内科

腹痛、咳、発熱、頭痛、インフルエンザ、肺炎、糖尿病、生活習慣関連病(高血圧、脂質異常症、肥満等)、貧血、喘息、肺気腫、不整脈、動脈硬化など内科一般の診察を行います。

次のような症状がある方はお早めにご相談ください。

  • なんとなく調子が悪い
  • 熱っぽい
  • 気分がすぐれない
  • 喉の痛み
  • 胸の痛み
  • 動悸
  • 頭痛
  • めまい
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 便秘
  • 血尿
  • むくみ

風邪

鼻や喉に感染がおこり炎症を起こします。症状は、咳、鼻水、鼻づまり、軽いのどの痛みや発熱等で原因の9割以上がウイルスによるものです。

また、しっかり治さないとその後、気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、治ったと思って無理をせず、しっかり完治するまで来院されることをおすすめします。熱を含めた症状の経過をしっかり観察することが大切です。

インフルエンザ

風邪とインフルエンザは症状も原因もはっきり異なります。

風邪

のどの痛み、鼻水、咳(せき)などの症状を伴う呼吸器の急性炎症です。発熱、頭痛、食欲不振などが起こることもあります。健康な人でも年に数回程度かかるといわれています。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。普通の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴です。インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる場合もあります。インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。

症状

悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰、呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状など

高血圧

血圧が高い状態が続く事で血管の壁に圧力が掛り、その結果、血管を傷めて次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。

高血圧の原因は特定されていませんが、遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。

脂質異常症

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。これらの余分な脂質は、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くしていずれ動脈硬化を引き起こします。

コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。 高脂血症の主な原因は食生活(カロリー過多)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足が考えられます。

糖尿病

血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなる病気です。人体は、たくさんの細胞から成り立っていますが、この細胞が働く為のエネルギー源がブドウ糖です。

膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割を果たしていますが、このインスリンの量が不足したり、働きが悪くなったりすると、ブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなってしまうのです。

血糖が高いということは、体の細胞にエネルギーであるブドウ糖が十分に補給されず、そのため全身の細胞の働きが悪くなります。のどが渇く、尿が多い、傷が治りにくい、感染症にかかりやすい、疲れやすい、集中できないなどの症状が表れます。

また、重度の場合には昏睡状態(糖尿病性アシドーシス)に陥り生命に危険が及ぶ事もあります。1型糖尿病は自己免疫やウイルス感染などが原因と推測されていますが、膵臓のインスリンを分泌する細胞が破壊されることにより糖尿病を発症します。2型糖尿病は、加齢と遺伝的要因と食生活や嗜好(飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なり発症します。

貧血

「鉄欠乏性貧血」が最も多く、食事療法や鉄分のサプリメントが基本となりますが、ヘモグロビンの減少が著しい場合には「鉄剤」の内服等で治療します。鉄欠乏性貧血の人 の特徴は、体内の鉄の貯蔵量が少なくなっている事で引き起こします。血液検査でヘモグロビン値が正常範囲となっても、貧血を再発する事が多い為、油断禁物です。 過度の節食や偏食は、造血に必要な栄養素不足の原因となり、貧血の大敵です。

お勧め➡医療機関専売品のメディカルサプリメント ”ヘム鉄”」

 

喘息(ぜんそく)

呼吸が苦しくなり、激しい咳が止まらなくなり、更には「ヒューヒュー」または「ゼーゼー」、といった喘鳴(ぜんめい)を引き起こすのが特徴です。 喘息(ぜんそく)の人の気管支をはじめとする気道の粘膜には、白血球の一種である「好酸球」や「リンパ球」を中心とした細胞が集まり、発作が収まっているときでも炎症が進みます。その為、少しの刺激で気管支を取り囲む筋肉が収縮して、軌道が狭くなり「気道閉塞」が起こりやすい状態が続きます。

発作を予防する新しい治療(詳しくはコチラ

 

肺気腫

肺の組織が壊れた状態を肺気腫(COPD)といいます。ほとんどの原因が喫煙といわれており、喫煙習慣がある方であれば、全員肺気腫になるリスクが高いです。肺気腫はゆっくりと進行していき、一度壊れた肺の組織が元に戻ることはありません。禁煙によって肺気腫の進行を遅らせたり、治療によって症状を和らげるしかありません。多くは40歳以上で発症し、60~70歳代と高齢になるほど、咳、息切れ、痰など、はっきりとした症状が出現します。重症化すると、身のまわりのことをするにも息切れが強くなり、生活の不自由をきたす恐ろしい病気です。

不整脈

脈のリズムが乱れる事を「不整脈」といいます自覚症状がなく、健康診断で指摘されて気がつく方もいます。動悸、息切れ、胸痛などの自覚症状が出る事があります。失神、心不全、突然死に至るケースも少なくありません。不整脈には起こり方などによって、何十種類も分類されますが、心拍の状況をもとに大きく分けると以下の3タイプになります。最も大切なのは、悪化する前に早期に発見をし、分類を見極めて適切な治療法を開始する事です。

心拍数が速くなる「頻脈性不整脈」

心拍数が遅くなる「徐脈性不整脈」

心拍数が飛んだり、抜けたりする「期外収縮不整脈」

動脈硬化

アテロームと呼ばれるコレステロールの固まりが、血管をはじめ様々な臓器の動脈の壁に沈着することによって起きる病態を動脈硬化症といいます。動脈硬化は自覚症状なく体内部で進行し、突然、心筋梗塞や脳卒中を誘発させるリスクのある血管の状態をさします。高血圧、脂質異常、糖尿病などの生活習慣病によって、動脈硬化を加速させます。これらを予防するには、動脈硬化の直接の原因である脂質異常症(別名:高脂血症)の治療はもとより高血圧、糖尿病、メタボリック症候群など生活習慣病のリスクを下げることが大切です。薬剤による治療の前に、重要となるのが「ダイエット」、「運動」、「禁煙」などといった生活習慣の改善です。食事では「動物性の脂肪分」や「炭水化物」を控えるだけでリスクを大幅に下げる事ができます。

お勧め➡「メディカルダイエット GLP1」

pagetop

© 永福町駅前みんなのクリニック